第4号 サイクルキャリアの作成

装着・脱着が容易に出来よう作り直した、基本的には第2号と同じだが、材料と工作手段が
全く異なり、TIG溶接をふんだんに利用した。
取り付けは、リアバンパーとピントルフックを利用

今回使用した基本的材料は、足場板のパイプ(肉厚が有り丈夫な事)
溶接面はメッキを落とさないと「バチバチ」とスパークして溶接出来なかった

奥にあるキャリアは第3号

jeepに取り付けるには
ボルト1箇所と2箇所のナット(10oに統一)

ほぼ完成

残るは、塗装してBMXのフレームにあたる部分の
保護作業のみ(ゴムを利用する事にした)

下方加重はかなりのもの(左右がやや弱い)

BMXの取り付けは 「ガチャ」ワンタッチ

フレームを2箇所で固定