パワーステアリングに変更

パワステに必要な部品です

ギアボックスとポンプ

リザーバータンク、Wファンプーリー
ユニバーサルシャフト、G54Bピストンピン

高圧ホースのアダプターを溶接

フェンダーを外して、純正のステアリングギアボックスを外し、バッテリーの土台も削り取る

Wファンプーリーに変更

スペース確保のため、以前切断してあったのですが
今回はさらにフレームの付け根まで削り取る

ステアリングシャフトケースをバルクヘッドの面でカット。J55にはシャフトケース下側にも
ベアリングが入っているのでそのベアリングをカットした部分にはめ込む

ジープのステアリングシャフトが少し太いため、旋盤で削る

ここはバラすことが無いと思い、溶接

溶接完了

糸のこでCリングの溝を切る

Cリングをはめて、シャフトのズレをなくす

ブレ止めのワッシャーを溶接しシャフトが完成

完成したシャフトとケースを合わせる

下から見たところ
バルクヘッドの面にユニバーサルがくる

パワステのギアボックス用に穴を開けなおす。
ここは力が掛かるところなので、G54Bのピストンピン(とても硬い素材で内径が12o)を
フレームに貫通させ溶接

ポンプのブラケットを製作。デスビの下あたりのエンジンブロックに固定することにした

バッテリーの土台(ショックブラケット)を外したため
ショックブラケットを新たに設置

ショックブラケットは左側の純正品を流用

ショックブラケットの裏面にステアリングシャフトが
干渉するため削る

長さの違うベルトを3種類用意

ポンプが付いたところ

今回の作業で必要になったアーズルやセトラブのクーラーコア

ギアボックス取り付け

すき間をゴムでうめる

パワステクーラーとエンジンオイルクーラーは
同コア数にし、高さを合わせ並べて装着した

ホース類は目立たないように、コアの下から配管

パワステリザーバタンクをフェンダーの脇に取り付け

4WAYステアリングダンパーのブラケットを付けるためフレームの内側に
引抜き鋼管パイプをはさんで補強

このパイプを横の穴まで押し込む

ブラケット取り付け

ステアリングダンパー取り付け完了

右下はクロスメンバーがあるので、ボルトが貫通
できないため、ボルトの頭だけフレームの中に入れて
溶接した

完成